開店祝いに胡蝶蘭を贈る理由

開店祝いを贈るタイミング

洋蘭の代表格である胡蝶蘭は、もともと花の色は白色ですが、品種改良により、紫やピンクや黄色もあります。花の形が蝶の様に見えるため、この名前が付けられたようです。

 

花の寿命は30〜60日と、とても長く咲いており、また手入れは、週1回たっぷりと水遣りをすればOKで、意外と手間がかかりません。その上、花言葉が「幸せが飛んでくる」という事から、祝い事の贈り物として喜ばれています。

 

特にお店の開店祝いには最適です。花言葉のカードを添えて贈れば、喜ばれます。贈られた何鉢もの胡蝶蘭がづらりと並べば、開店に華やかさを添えてくれます。

 

新規開店し、お客さんを迎える時に華やかさを添えるために、贈るタイミングは、お店の準備が終わりつつある開店1週間前頃に着くように贈るのが良いでしょう。

 

また開店前に、内祝いとして内覧や試食会として親しい人達を招待するような機会を設けられる場合も多く、そうした場面に招待されるなら、そのタイミングに胡蝶蘭を持参して贈るのも良いでしょう

 

胡蝶蘭は華やかで新規開店祝いの花としては最適で、開店時を彩るタイミングに贈るのが原則です。ただし赤系の花は、火災をイメージすると嫌がられる事が多く、この色は避けるべきだと言う事を付け加えておきます。