開店祝いに胡蝶蘭を贈る理由

スタンド花でも、今風にアレンジをすれば…

スタンド花でも、今風にアレンジをすれば、何となくおしゃれに見えていいのではないかと思います。

 

ただ、「パチンコ屋」に置かれているような、なんにも感性が感じられないニセモノだと、ただほこりがついてて汚いだけで、何にもならないですからね。

 

 

 

まー、娯楽場だったらあれでいいんでしょうけど…

 

 

 

普通にお店がオープンするにあたっての開店祝いのスタンド花だったら、ピンク色を中心にした明るめの色をたくさん使った方が開店!という感じでいいでしょう。

 

ピンク色でも、濃いピンクもあれば、薄いピンクもあるし、茶色にいろんなバリエーションがあるように、ピンクにもたくさんのカラーバリエーションがあるので、全部、いろんな色合いのピンク色で統一してもいいでしょう。

 

 

 

パッと見た感じ、誰でもが、この店を祝って、誰かがお祝いで贈ったんだ…とわかるようにすることです。

 

やりすぎて風俗みたいに不潔感があっても良くないです。

 

 

 

多分、内装も新しいので、その香りも混ざるし…

 

そういうことも頭に入れて、そこのスペースも考えてスタンド花は贈るべきです。

 

ただ、贈ればいいというものではないと思います。

 

 

 

来たお客様が居心地いい環境に作ることは大切です。

 

花そのものも、ある程度は品がないと、にぎやかすぎても、子供っぽくて変だし、スタンド花は難しいですよ…

 

フラワーコーディネートさんに依頼して、注文すると、その店のイメージに合わせて、考えて花をアレンジしてくれますよ。

 

 

 

母はフラワーコーディネーターの資格を持っているけど、ものすごく飾るのはうまいですよ!普通に頼むよりずーっと、すごいしきれいですよ。